機能・使い方

イートレガイドブックについて

AYUMI EYE、AYUMI EYE medicalを導入いただく全ての方へ早稲田エルダリーヘルス事業団より皆様が長く自立した生活を送るために、運動器の機能維持すべくトレーニング方法の提案を行っております。

イーロコモとは?

2007年、日本整形外科学会は「ロコモティブシンドローム」を提唱しました。「ロコモティブシンドローム」は、日本語では「運動器症候群」といい、運動器の障害のために介護が必要になるリスクが高い状態を意味しています。現在では「ロコモ」という略称の耳にすることも多くなってきました。

そこで早稲田エルダリーヘルス事業団では、「ロコモにならないために…」というネガティブなスタンスで運動に取り組むというよりも、「いつまでも動ける体づくり」というポジティブな意味を込めて「イー(良い)・ロコモ」という前向きで明るいスタンスでの身体づくりを提案します。

プログラムメニュー

紹介するプログラムメニューは目新しい物というよりも、私が長年の研究や地域支援事業で推奨、またそこで出会った元気な方々が取り組んでいるものばかりです。

とはいえ、わかっていてもなかなか続かないのが運動です。

特徴として、私が長年推奨してきた行動科学的理論を取り入れた「マイプラン」作成のポイントを掲載しました。

トレーニング動画の視聴

AYUMI EYE、AYUMI EYE medicalを導入いただいた方にお渡ししているサポートポータルサイト内にて「トレーニング動画」をご視聴いただくことができます。

早稲田大学スポーツ科学学科監修の運動プログラムを各項目に分けて配信しています。

動画を視聴しながら知識の向上、正しい姿勢でのやり方、日々の運動習慣を取り入れましょう。

想い

一人ひとりの「これならできる」を大切にして、無理なく気軽に生活の中で運動を取り入れていただければ幸いです。

「動ける身体」でいられるからこそ、私たちは日々楽しめるのです。これからは、「イーロコモ」という前向きな考え方のもと、いつまでも動ける身体作りを通じてより豊かな生活を想像してまいりましょう。

歩行解析デバイスAYUMI EYEで歩行分析

AYUMI EYEはご利用者様の腰に専用ベルトを用いて装着し、10m歩くだけで評価を行うことが可能です。

バランスや歩行速度などがその場でiPad専用アプリにて解析され、結果が点数・マップ化してすぐに見ることができます。

測定者の評価の効率が上がるとともに、ご利用者様にもその場で結果を共有できるため、歩行の改善や歩行補助具の選定があっているのか、互いに確認することができます。

簡便な操作で分かりやすい結果をフィードバックできるAYUMI EYEを使用し、歩行分析を行ってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

03-5447-5470
受付時間:平日 9:00~18:00

関連情報

お問い合わせ

ご不明な点がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ