特集・事例

伊勢原市健康事業測定会にAYUMI EYEを活用いただきました。

伊勢原市と東海大学が連携し、伊勢原市の高齢者等を対象に、2020年9月および2021年3月に体組成・上下肢筋力・歩行機能等を測定し、運動指導等を実施しております。

半年の運動等の継続の結果、身体機能を維持改善することができたのか、チェック・評価して今後に活かしていこうという取り組みです。

当日の取り組み

弊社も実際に参加して、AYUMI EYEの計測や結果解説・アドバイス提供などを実施させていただきました。

参加した対象者から「ウォーキング頑張っているんだよ」など前向きな声も多数寄せられました。

また、その取り組みが実際に良い結果として反映されていることが明らかになると、非常に嬉しそうな晴れやかな表情が伺えたことがとても印象的でした。

今後の取り組み

兼ねてより、伊勢原市と東海大学は、大学院医学研究科ライフケアセンターが伊勢原市役所健康づくり課との協働で実施している「健康バス測定会」などを通じて、市内に在住する国民健康保険者の健康診断の受診を促進し、健康意識を高めてもらおうと、様々な地域連携プログラムを展開しております。

今後もAYUMI EYEが、このような自治体等の積極的な取り組みに寄与できることを目指していきます。

執筆者紹介

AYUMIEYE事務局

AYUMI EYEとは、早稲田エルダリーヘルス事業団が開発した 最先端の歩行能力解析デバイスです。

関連記事

ページ上部へ