元気に歩く」を
いつまでも

AYUMI EYE medical

3軸加速度センサーモジュールと
iPad(iPhone)専用アプリを用いて、
歩行時の加速度データに基づき
歩行機能を
推進力バランスリズム

3点から分析するデバイスです。

機能訓練・自立支援にお取り組みの方へ

利用者さんの機能訓練で
こんなお悩みはございませんか?

機能訓練の効果を分かりやすく説明したい 体力測定を効率的に行いたい 利用者さんに運動習慣を身に付けてほしい 他社との差別化を図りたい

AYUMI EYEの特徴

AYUMI EYEは、利用者さんの「歩きたい」
というモチベーションを引き出し、
運動習慣を身につけることを実現すると共に、
スタッフの負担も大幅に削減させます。

また、ソフトウェアは
操作が簡単なiOSのアプリとして提供し、
加速度算出方法に関するプログラム等
17種類の特許を取得済み。
収集データを分析しながら
日々順次アップデートしています。

身体測定機能の課題

  • 評価が分かりづらい

    専門的な技術や知識を必要とする身体機能計測。均質な評価が難しいため、コミュニケーションに活かしづらい。

  • 運動が習慣化しづらい

    分かりづらい評価は、明確な運動の目標になりづらく、運動の習慣化につながらない。

  • 測定の工数が多く負担

    測定項目が多く、測定スタッフの作業負担・対象者の身体的負担がある。

AYUMI EYEがこれらの課題を解決します!

効果的な循環

利用者さんの満足度とスタッフの働きやすさの向上につながります
AYUMI EYE 効果的な身体機能測定 適切な介入 生活機能向上
  • 効果的な身体機能測定

    運動の効果が分かりやすい指標は
    利用者さんの自己肯定感の向上や
    コミュニケーション創出につながります。
  • 適切な介入

    定量的かつ再現性の高い身体機能
    評価が、運動の意図を明確化。
    対象者を含むステークホルダー
    との情報共有を円滑にします。
  • 生活機能向上

    歩行の質を知り適切な運動をする
    ことで、転倒予防・健康寿命の
    延伸に。デイサービスや運動教室
    などの継続的な利用を促進します。

データはサーバー上で
一元管理

モジュール(加速度センサー)を腰部にベルトで装着し、6~10m歩くだけで、歩行状態を分析し「見える化」します。
取得した歩行データは専用のサーバへ保存され、iPad(iPhone)専用アプリやブラウザから、歩行に関わる様々なパラメータの確認、 帳票の出力が可能です。
セキュリティは堅牢。1台1アカウントで何人でも各々何回でも測定・保存が可能。iPad(iPhone)専用アプリで簡単操作、測定に際し歩くだけなので、安全に実施可能。

3点軸の評価点数で分析

推進力
前に進む力(歩幅と速度)のことです。
速くダイナミックに歩くといい点数が出ます。
バランス
歩行中の左右のバランスの良さのことです。
左右へのブレが小さくなるといい点数が出ます。
リズム
1歩1歩のリズムの一定さのことです。
左右の立っている時間が一定になると
いい点数が出ます。

測定したパラメータに紐づいた
運動プログラムの提案

自宅で継続してできるトレーニング
をガイドブックや動画配信し、
各パラメータの改善に向けた
運動プログラムを提案します。

使い方・使用手順

  1. 1 AYUMI EYEアプリを開き、歩行者を選択
  2. 2 モジュールとiOS機器をBluetooth接続
  3. 3 歩行の開始・終了に合わせて、スタート・ストップをタップ
    ※ 加速期・減速期を抜いた6~10mの定常歩行を測定
  4. 4 測定データは自動で、クラウドサーバへ保存
  5. 5 取得データを自動解析・数値化
    ※プリンタと接続されている環境下では、その場で出力が可能

スターターキット

AYUMI EYEを使用するために必要なモジュール、デバイス、ガイドブックなどがすべてセットになったスターターキットです。

  • AYUMI EYEモジュール 1個
  • 装着ベルト 1本
  • iPad(iPhone)専用アプリ (ダウンロード)
  • AYUMI EYEユーザーポータルサイトアカウント 1つ
  • イートレガイドブック 1個

お問い合わせ

Contact

FAX

03-5447-5480

受付時間:平日 9:00~18:00

ページ上部へ