機能・使い方

論文・学会資料

「掲載論文」

1)伊藤太祐:歩行解析デバイスAYUMI EYEの再現性の検討

日健康医誌7(2):14-19;2019年12月

同一検査者内の再現性が臨床評価に耐えうるものであることを示唆した。

「学会発表」

1)伊藤太祐他:足底挿板の有無が歩行状態に与える影響

第33回日本靴医学会学術集会;2019年12月
AYUMI EYEを用いて、靴紐の締め方や足底挿板が歩行状態に与える影響を評価した。

2)Fujii R et al.:Usefulness of Walk evaluation system AYUMIEYE in community dwelling older adults:ISPRM2019

AYUMI EYEを用いて、若年者と高齢者の歩行状態の比較し、カットオフ値を算出した。

3)Tanaka S et al.:A study on validity of AYUMIEYE as an evaluation tool for walking ability:ISPRM2019

AYUMI EYEのスコアと臨床評価の関係性を検証し、点数の妥当性を示唆した。

4)Kawamura Y et al.:Short-term effects of intervention with walk evaluation system AYUMIEYE in hospital inpatients. :ISPRM2019

AYUMI EYEによる歩行状態の見える化が、患者のモチベーション改善に寄与することを示唆した。

お問い合わせ

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ