導入事例

【導入事例】目黒区通所型サービスCのトレーニング教室で利用いただいています。

日常生活支援・総合事業 目黒区通所型サービスCとは?

この事業は、高齢者の介護予防と日常生活の自立を支援することを目的として、要支援1・2のかたを対象に行っていた訪問介護と通所介護を、介護予防事業と合わせて見直したものです。「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」で構成され、従来よりもサービスを多様化し、効果的な支援を行います。

参照元:目黒区

導入事例

基本チェックリスト該当の方・要支援(1・2)の方を対象に、目黒区が提供する、短期集中予防サービス(筋力向上トレーニング教室)にて利用開始時・終了時の体力測定の一項目として活用しています。

過去に通所介護などの介護保険サービスを利用したことがなく、機能訓練や身体機能評価を初めて行う参加者であっても、機能訓練の効果が理解しやすいです。

参考サイト

執筆者紹介

AYUMIEYE事務局

AYUMI EYEとは、早稲田エルダリーヘルス事業団が開発した 最先端の歩行能力解析デバイスです。

関連記事

ページ上部へ